Sports

何故、サッカーの香川真司は日本代表で活躍できないのか?

2016/11/29

海外では点を取ったりするシーンを良く見ますが・・・

海外の所属クラブでは活躍するのに、何故香川真司は日本代表では活躍しないのか、と思っている人は多いと思います。

ドルトムントで点を取ったときのように、日本代表でも取ればいいのにと思いませんか?

european-championship-1383208_640

先日11月22日の欧州チャンピオンズリーグでの、対レギア・ワルシャワ戦でもいきなり2ゴール、1アシストの大活躍でした。

 

点を取ることは簡単なことではない、というのは素人でもわかりますが、それでも

「何故?」

と思っている人は多いでしょう。

 

ワールドカップの予選では点も取らずに目立った活躍もありません。

大活躍しているのは「原口元気」です。

 

どうしてでしょう?

 

理由は・・・

  • 個人の総合能力は、はっきり言って低い

からです。

 

特定の能力だけが、ずば抜けている

香川真司のサッカーの総合力は他の日本代表と比べても低いです。

攻撃力・守備力、ともにそんなにレベルは高くありません。

 

また良く言われることですが、サッカーで重要なフィジカルが不得意です。

これは本人も認めています。

 

体の線も細いので、パワーがありません。

スタミナもないので90分走ることも出来ません。

 

では何が、凄いのか。

何がずば抜けているのか。

 

それは・・・

  • おこぼれを拾った後のボールキープ力

です。

 

具体的には

  • ボールの処理スピードが速い
  • ドリブルが上手い

です。

 

実際、ドイツのブンデスリーガでの2010-11シーズンと、2011-12シーズンは、ドルトムントを2連覇に導く大活躍をしました。

その時は、おもしろいように得点を量産しています。

得点を量産した理由は、ボールキープ力が圧倒的だからでした。


これを見て思いませんか?

見ていて明快にわかる素晴らしいプレーです。

このような活躍を日本代表でしてもらえればいいのに・・・

 

誰しもそう思うはずです。

しかしこのブンデスリーガでの活躍は、ドルトムントに所属しているから可能なのです。

 

つまり他のチームでは同様の活躍が出来ないということです。

 

マンチェスター・ユナイテッドでの結果が総合力の低さの証明

ドルトムントでの活躍から更なるステップアップの為、プレミアリーグのマンチェスターユナイテッドに鳴り物入りで移籍しました。

日本のファンも活躍を期待したことでしょう。

 

でも結果的に活躍できませんでした。

監督交代や戦術の違いなどいろいろな理由があります。

 

でもこれは香川真司が、ある特定の戦術や形式でしか力を有効に発揮できない、使えないということを証明しています。

 

簡単に言えば、香川真司の使い方はこれしかありません。

  • 香川真司がゴール前にいる時だけ、香川真司がボールをキープすれば、香川真司は高確率でゴールを決めてくれる

 

つまりゴール前にいるだけで、パスが通れば点を取ってくれる、ということです。

当たり前のことですが・・・

 

ゴール前でボールを持てば、キープ力が高く素早いので、すぐシュートに持っていくことができるのです。

この動作が香川真司は、ずば抜けていて他の欧州選手も一目置いているほどです。

ドルトムントで同僚だったドイツ代表MFのマリオ・ゲッツェが実際このことを語っています。

 

でもよくよく考えると、何だか王子様みたいな位置付けですね。

 

香川真司は日本代表では使えないのか?

the-ball-488701_640

今のチーム構成では使えません。

香川真司は自分を起点にゲームメイクは出来ません。

エースストライカーでもありません。

 

おこぼれを拾った後のキープ力とゴール力がずば抜けているだけなのです。

今の日本代表構成と戦術を考えた場合、香川真司の使い道がありません。

これは仕方ありません。

 

使うとすればドルトムントのようなチーム構成にするしかありません。

それが出来れば香川真司は日本代表でゴールを量産します。

 

ワールドカップ予選でのサウジアラビア戦はスタメンを外れました。

正解です。

使い道がありませんので。

 

でも唯一の使い道は・・・

 

ゲーム後半終了前に投入して、

ゴール前の攻防に絡む可能性に掛ける・・・

 

香川真司の日本代表としての使い道はこれぐらいでしょうか。

スポンサーリンク

-Sports
-,